TOLTO

電柱地中化?もったいない!

電柱だけではありません。

電源として利用できる街灯設備も合わせると「電子看板充電ステーション」としてすぐにでも利用できるインフラがそこにあるのです。

新結合!電子看板充電ステーション

電子看板、カメラ、スピーカーなどを梱包したユニットに、防犯・防災、広告・ 観光情報等を電子看板に表示するほか、防犯を目的としたインターネット遠隔監視、注意喚起、災害 時の防災通信用の電源や電気自動車の充電ステーションとして活用

全国の電柱を利用して、いつでもどこでもすぐに充電を行える環境を提供。急速充電とバッテリーの小型化による電動ビークルや電気自動車の開発で、残りの航続距離を気にしなくて済む充電ステーションの利用促進とIoTの実装で自動運転+防犯・防災対策も実現し、運用費を広告モデルで回収

コンセプト

急進的なEV推進策が世界を一変させる

安心・安全を担保した告知チャネルと充電ステーションの提供

どこにも存在しない革新的なビジネスモデル

  1. 既存インフラ(電柱、街灯)を安全・安心を担保したIoT化。広告事業の運営や維持管理を行い利用料金を自らの収入として収受しつつ、日々の施設運営から設備投資・料金徴収業務といった業務を包括的に長期間にわたって実施。
  2. 民間事業運営の効率化により、公共部門の資金調達の必要性が減少し地方財政健全化。
  3. インフラの利用者が事業者に報酬を直接を支払う「独立採算型」。

どこでも充電ステーションになるEV充電設備

「防犯カメラ+街灯」で「継続可能な防犯セキュリティー環境」と「近距離移動コミューターの充電施設」を提供

TOLTO

技術防犯カメラ・街灯・電子看板・充電設備一体型ユニット
製品防犯カメラとLED街灯、電子看板、充電設備ユニット一体型ユニット
新規性簡易な設置で広告運用、既存の電柱や街灯を利用した充電ステーションを提供
優位性簡易な取り付けでコスト削減
市場性過疎化が進む居住区、地方創生事業、公共スポーツ施設など
ページのトップへ戻る